しんデンタルクリニックのブログ

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニック。浅間町駅より徒歩1分、土曜日も診療。ブログでは、お知らせ、スタッフコラム、ワンポイントアドバイスなどを配信中。

*

フッ素入りのハミガキ剤①

      2021/07/02

フッ素の濃度を表す単位は、ppm(ピーピーエム)といいます。フッ素を取りすぎてしまうと、体調が悪くなったり、最悪の場合、命の危険に関わる可能性もあります。

とはいえ、ハミガキ粉に入っているフッ素の量では、余程のことがない限り、急性中毒になることは珍しいかと思いますが、今回はハミガキ粉のフッ素について、詳しくお話ししたいと思います。

まず、年齢によって好ましいハミガキ粉の量、フッ素の濃度が違います。

0~2歳は、500~1,000ppmの濃度で、歯ブラシに付ける歯磨き粉の量は、1~3mm(切った爪程度の少量)です。

3~5歳は、500~1,000ppmの濃度で、ハミガキ粉は5mm程度です。

6~14歳1,000ppmの濃度で、1cm程度のハミガキ粉を付けましょう。

15歳以上になったら、1,000~1,500ppmで、2cm程度のハミガキ粉を付けます。

次回は、歯医者さんでよく使われている、チェックアップというハミガキ粉や、使い方についてお話しします。

 - フッ素について ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
フッ素について②

前回は、市販の歯磨き粉と歯科医院で塗布するフッ素の違いについてお話しました。 今 …

no image
フッ素について③

今回は、フッ素のもう一つの効果『お口の中全体に働きかける』効果についてお話してい …

フッ素入りのハミガキ剤②

歯医者さんでよく使われている、Check upというハミガキ粉には、しっかりとフ …

フッ素入りのハミガキ剤③

前回、しんデンタルクリニックに置いてある、フッ素のハミガキ剤の濃度についてお話し …

no image
フッ素について①

今回は、お子様に塗布しているフッ素のお話をしていきます。 クリニックだけでなく、 …