しんデンタルクリニックのブログ

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニック。浅間町駅より徒歩1分、土曜日も診療。ブログでは、お知らせ、スタッフコラム、ワンポイントアドバイスなどを配信中。

*

歯ブラシだけでは落とせない汚れ⑤

      2020/06/24

今回は歯間ブラシについてのお話です!

 

歯間ブラシはその名の通り”歯と歯の間に入れるブラシ”のことです。

歯と歯の間の歯ぐきは凹んだ形をしていて、プラークがたまりやすいです。

また、弱い組織なので歯周病が発症しやすい環境なので歯間ブラシが必要になってきます☆

 

歯周病はからだの健康にも影響を及ぼすので歯間ブラシを使って汚れを落とさないことが重要です

 

まず、歯間ブラシは4S、3S、SS、S、M、L、LLの中から自分に合ったサイズを選びましょう。

自分で確認が難しければお気軽にお尋ねください!

 

☆歯間ブラシの使い方☆

①水やジェル状の歯磨き粉などを毛の部分につけてください

②歯と歯の間の歯ぐきを傷つけないように角度を注意します

③裏側の歯と歯ぐきの境目に沿わせてゆっくりと挿入します

④その位置でゆっくりと各箇所2~3㎜×2~3回ほど動かします

 通した後は水で軽くうがいをしてください

④水ですすぎ洗いをし、乾燥しやすい場所に保管して繰り返し使用して下さい

 ※無理に挿入したり過度にブラッシングすると歯や歯ぐきを痛めることがあります

 ※ワイヤーの曲げ伸ばしを繰り返し行うとワイヤーが折れることがあります

 

毎日しっかり使っていると腫れた歯ぐきが健康な状態に戻って

歯が伸びたように感じたり、歯と歯の間が広がったように感じることがあるかもしれませんが

特に問題はありません!

 

毎日しっかり使って健康な歯ぐきを手に入れましょう!

 - お口の健康を守ろう, 子どもたちの健康を守ろう, 歯とお口の豆知識, 衛生士のワンポイントコラム

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
歯磨き粉2

1.練りタイプ 皆さんに一番馴染み深いのがこのタイプだと思います! 種類としても …

ハブラシの選び方,磨き方2

このブログで何度かお話ししているハブラシの種類、皆さんはどちらを使っていますか? …

フッ素入りのハミガキ剤②

歯医者さんでよく使われている、Check upというハミガキ粉には、しっかりとフ …

no image
歯科検診を受ける意味

こまめな定期検診は、磨き残しをチェックする絶好の機会です。毎日のブラッシングで磨 …

no image
プラークコントロールの話5

自己流のブラッシングで、本当にプラークコントロールが出来ているか、確認したい場合 …

no image
矯正治療ってなぜするの

歯並びを整えることで、虫歯や歯槽膿漏を予防し、さらに噛み合わせを整えることで正常 …

no image
ステイン 2

ステインがつきやすいものには こんなものがあります *赤ワイン *チョコレート …

no image
0歳からの歯と口の育ち⑧

☆生活リズムと生活習慣☆ 離乳完了に向けて、睡眠と食事を柱に生活リズムを少しずつ …

no image
入れ歯のお手入れQ&A2

Q、 入れ歯を汚れたまま使っているとどうなりますか?? A、 不衛生な入れ歯を使 …

no image
歯間清掃用具5

前回に引き続きフロスについてのおはなしです☆ 前回は、フロスを使うのは初めてとい …