しんデンタルクリニックのブログ

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニック。浅間町駅より徒歩1分、土曜日も診療。ブログでは、お知らせ、スタッフコラム、ワンポイントアドバイスなどを配信中。

*

Q歯が動く・グラグラする

   

歯がグラグラして痛い
歯が動いていて食事がしにくいなど
歯の動揺が主訴で来院される
患者さんもいらっしゃいます病院
原因は次の場合が考えられますダッシュ(走り出すさま)
①歯ぐきが炎症を起こしている【歯周病】
②打撲や外傷で歯に強い外力がかかったケース【脱臼】
③下から永久歯が生えてきて乳歯が動くケース【乳歯交換時期】
④歯にヒビが入ったり、折れたりして炎症を起こしているケース【破折】
A、
①は
歯垢や歯石を除去したり
歯肉をマッサージするようなブラッシングで歯ぐきをひきしめて、炎症を抑える事が大切ですどんっ(衝撃)
②の場合
歯が動かないように固定して、歯の周りの組織を元通りにする必要がありますふらふらできるだけ刺激を加えず、患部を清潔にして早めの受診をexclamation×2
③はお子さんに多いですが、
乳歯の動揺は自然に抜ける事がほとんどです、でも、食事がしづらかったり痛みがある場合や、永久歯が生えてくる時に障害となる場合は、歯科で抜歯をしましょう病院
④は
痛みがある場合は、痛み止めの服用をexclamation×2抗生剤も服用しないと効果がない場合もあるので、受診して処方してもらいましょう病院
歯の動きやグラつきも治まらないので早めの受診をおすすめしますひらめき
目

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

メリット⑥

通常は矯正治療終了後に ホワイトニングを行えるのですが アクアシステムのマウスピ …

☆続編☆

歯科衛生士の田中愛子です さっきのin大阪の続き 次はシェルティーのレオン↓↓↓ …

Q口臭が気になる

以前このblogでもご紹介したことがありますが、口臭が気になられている患者さんも …

大人になったら気をつけること②

☆歯だけじゃない! 歯周病と全身疾患の怖〜い関係 歯周病は歯を失う1番の原因でも …

高齢者の肺炎を防ぎます。

高齢期に注意したいのは、口の中で繁殖した細菌が 唾液とともに肺に入り込むことで起 …

唾液が歯を修復している!

酸蝕自体は特殊な現象ではありません。 程度の差こそあれ、生きて食事をしている限り …

隠れた虫歯

虫歯は大きな穴があいて、痛みがあるものだけではありません。 穴も開いてなくて、痛 …

年末年始の診療日

おはようございます 今日は 今年最後の診療日です 木曜日ですが 今日は診療します …

1日遅れの母の日

昨日は1日遅れの母の日で実家にいきました。 チューリップス(マットくん)でお花を …

噛むことで脳の血流が増加

よく噛んで食べると、脳の血流が増加することが分かっています。 特に、脳の神経の中 …