しんデンタルクリニックのブログ

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニック。浅間町駅より徒歩1分、土曜日も診療。ブログでは、お知らせ、スタッフコラム、ワンポイントアドバイスなどを配信中。

*

デンタルフロス①

      2020/04/13

今回はデンタルフロスについてご紹介していきます!

フロスと聞くと何のこと?と

思われる方がいらっしゃるかもしれませんが

”糸ようじ”と聞けばわかるのではないでしょうか?

 

前回ご紹介した”歯間ブラシ”だと

歯の間が狭くてうまく入らない方や

歯並びがガタガタしている方におススメしております☆

 

フロスには大きく分けて2種類あり

今回は一般的なホルダータイプのものをご紹介します

 

ホルダータイプのデンタルフロスは

長所として使いやすい、

奥歯に入れやすい、

糸が切れるまでは水洗いで何度でも

使えることがあげられます。

 

短所としてはもし被せものとの境目などで

引っかかってしまった場合

糸を切るしか取る方法がないこと、

歯と歯の間の隙間が広い方には不向きなことです。

 

ですが、お子さんにも持ち手があるので使いやすく

汎用性は高いので歯間ブラシはちょっと怖い、という方は

こちらから始めてみるといいかと思います☆

 

 

 

 - 歯とお口の基礎知識, 歯とお口の豆知識, 衛生士のワンポイントコラム

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
”歯間ブラシ”が必要な理由②

☆歯間ブラシを使ってみましょう☆ 自分に合ったサイズの歯間ブラシが見つかったら、 …

no image
ハミガキ

■ブラッシングの目的 ブラッシングの最大の目的は、うがいでは取り除けないプラーク …

no image
口臭について3

2)舌の表面に付いた汚れ これも口臭の大きな原因です。 歯は磨くけれど、舌の表面 …

no image
歯ぎしり 3

年齢とともに顎の関節がすり減り平らになることで、それに合わせて歯も変形させるため …

保険適応の素材

保険適応のため、費用の負担が少なく済みます。 プラーク(歯垢)が付きやすく、歯と …

no image
歯みがき粉以外のデンタルグッズ

歯を磨く時には、「歯磨き粉をたっぷり使ってお口の中をスッキリさなきゃイヤ!」とい …

no image
歯石取りの話3

■出血の有無 歯肉から自然に出血しているかを調べるのではなく、歯周ポケットに器具 …

no image
歯科検診を受ける意味5

最も残念な結果になるのが、定期検診を行なっていれば、もう少し延命できていたはずの …

no image
検診と検査とレントゲン

歯科検診で歯肉の検査をすればいろいろな情報がわかります。場合によってはレントゲン …

フッ化物洗口❸

★大人★ 18〜31歳の成人を対象に2年間フッ化物洗口を実施した場合 &nbsp …