しんデンタルクリニックのブログ

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニック。浅間町駅より徒歩1分、土曜日も診療。ブログでは、お知らせ、スタッフコラム、ワンポイントアドバイスなどを配信中。

*

お子さまのおやつについて3

      2022/05/27

また甘いもの、おかにしついても、長時間お口に入っているものはムシ歯のリスクが、増えるといえるでしょう。

注目して頂きたい項目は3つ、糖分の量お口の中に入っている時間歯に残りやすい,付着しやすいもの、です。

棒がついているチョコレートやアメなどは、長時間お口の中で溶かしたり転がしたりするので、お口の中にずっと甘いものがある状態が続きます。

ハイチュウやキャラメルなどは、粘着性があるので歯にくっついたりしてお口の中に留まりやすいです。

クッキーやポテトチップスも、歯に挟まってお口の中に止まります。ただ、クッキーやウエハースなどは糖分は多いですが、ポテトチップスやおせんべいなどは糖分は少なく、クッキーなどに比べると虫歯のリスクは低くなります。

例えばプリンやゼリーなどは糖分は多いですが、サッとお口を通り越すので、あとは唾液が酸を中和してくれます。

果物、野菜、乳製品であれば、糖分から酸を作る力は弱く、お口に入れている時間も短く、歯に付着する時間もそれほど長くはないですし、栄養もしっかり摂れるのでおススメです。

時間を決めてご飯やおやつを食べ、中和する時間を作ってあげましょう。

 - 子どもたちの健康を守ろう , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
歯ブラシだけでは落とせない汚れ⑥

歯間ブラシやフロスは大人も子どもも使えます! いつも必ず引っかかるところがある→ …

no image
0歳からの歯と口の育ち⑩

☆こんな困りごと有りませんか?☆ ・なんでも丸飲みしてしまう ・食べ物をいつまで …

赤ちゃんが生まれたら③

1歳になったら、歯医者さんで見てもらいましょう。 日頃のケアについてや、お口の中 …

no image
おやつの食べ方⓸

★食べる姿勢も大事です 椅子に座って食べるときに、しっかり床に足がついていますか …

no image
フッ素ってなぁに?①

お子さんのお口のお掃除の際に3か月に1回、必ず当院はフッ素を塗っています。 小児 …

no image
0歳からの歯と口の育ち②

☆かみ合わせと姿勢☆ 安定した体感を作り、歪みがない姿勢や正しいあごの位置を保つ …

no image
0歳からの歯と口の育ち③

☆お口の育ちと離乳食の進め方☆ 月齢はあくまでも目安です。 お子さんのお口の育ち …

お熱の時の歯みがき②

また、体調が優れず、歯ブラシを使うのが難しい時は、前歯だけでもガーゼで拭ったりす …

no image
フッ素ってなぁに?⑥

~フッ素の入った歯磨き粉の使用法~ 厚生労働省の研究班が提唱するフッ素の入った歯 …

no image
0歳からの歯と口の育ち①

赤ちゃんのお口の育ち、特に”食べる機能”は自然にできるようになるものではなく、学 …