しんデンタルクリニックのブログ

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニック。浅間町駅より徒歩1分、土曜日も診療。ブログでは、お知らせ、スタッフコラム、ワンポイントアドバイスなどを配信中。

*

お口に合わせて選ぶ歯ブラシ⑤

      2020/09/30

今回はインプラント用のルシェロ歯ブラシについてです☆

 

インプラントは入れてしまったら終わり!と思われている方も多くいらっしゃいますが、入れてからのお手入れがとっても重要になります

当院の患者さんではないですが、実際お手入れをほとんどせずにいて汚れが溜まり、インプラント周囲炎を起こしてインプラント自体がダメになってしまった方を見たことがあります。

 

そうならないためにも、お手入れをしっかりして長持ちさせましょう

 

そのために使うのがインプラント用の歯ブラシである、I-20です。

Iがインプラント用(IMPLANT)、20が歯ブラシの頭のサイズです。

 

極細の毛がインプラント特有の構造にフィットし、インプラント周りの歯ぐき組織の汚れをしっかり搔き出します。

天然歯にも使えるので、インプラントが1本でも入っている方へおすすめです☆

 - 歯とお口の豆知識, 衛生士のワンポイントコラム

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
プラークコントロールの話3

歯を磨くこと以外にもプラークコントロールには、次のようなことも含まれています。 …

歯磨き粉⑤

バイオフィルムへの浸透・殺菌力にすぐれた研磨剤無配合の歯磨剤 ・3つの薬用成分が …

no image
デンタルフロス2

デンタルフロスとはいったいどのような役割を果たすものなのでしょうか? デンタルフ …

no image
フッ素ってなぁに?②

~フッ素のはたらきとは~ フッ素には ①エナメル質(歯の最表層にある生体で最も硬 …

no image
子供の歯並び

子供は、歯並びや噛み合わせが悪くても、小さいうちは、自分ではあまり気づきません。 …

no image
指しゃぶり

■指しゃぶり歯並びへの影響とは? 指しゃぶりをしているときは、歯やあごに強い力が …

no image
抜けた乳歯

6歳頃から12歳頃にかけて、「乳歯」から「永久歯」へと生えかわっていく子どもの歯 …

no image
みにくいアヒルの子の時代🌼

★みにくいアヒルの子の時代 程度問題ではありますが、歯と歯の間に隙間ができるのは …

no image
口内炎

​ みなさん口内炎ができて痛い思いをしたことが一度くらいはありますよね。 丸く白 …

no image
電動ハブラシ3

(2)音波歯ブラシ 人間の耳に聞こえる音域で1秒間に200Hz~300Hzの音波 …