しんデンタルクリニックのブログ

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニック。浅間町駅より徒歩1分、土曜日も診療。ブログでは、お知らせ、スタッフコラム、ワンポイントアドバイスなどを配信中。

*

デンタルガムについて①

      2021/07/20

ご飯を食べた後のお口の中は酸性になり、歯からはカルシウムが溶け出します。

だ液は酸性から中性へ戻す力があるので、だ液をたくさん出すことは、むし歯の予防にもつながります。

前にもだ液の力についてお話ししましたが、だ液には、汚れを洗い流す力「自浄作用」、酸性を中性に戻す力「緩衝作用」、酸性で柔らかくむし歯になりやすくなった歯を硬く元に戻す力「再石灰化作用」などがあり、なかでもむし歯になりやすい患者さんに大切なのが、刺激だ液です。

噛むことによって分泌される刺激だ液は、噛まないときに出るだ液と比べて、お口の中の酸性度を上げるための成分が約10倍多く含まれていて、なおかつ分泌される速度は6倍、緩衝作用は最大約60倍にもなります。

ご飯を食べた後に、シュガーレス(砂糖が入っていないという意味)のデンタルガムを噛むことで、刺激だ液がたっぷり分泌され、食べるとすぐに酸性濃度を下げてくれるので、溶け出したカルシウムを歯に戻すことができます。

次回は、しんデンタルクリニックに置いてあるデンタルガムのお話をします。

 - お口の健康を守ろう , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
その薬、歯科治療に影響があるかも!?⑦

今までにお話してきた通り、何気なく飲んでいる常備薬が歯科の治療に支障をきたしたり …

no image
フッ素ってなぁに?①

お子さんのお口のお掃除の際に3か月に1回、必ず当院はフッ素を塗っています。 小児 …

オーラルフレイル②

前回、フレイルとは何かについてお話ししました。 ではオーラルフレイルとは何でしょ …

no image
そのお薬、歯科治療に影響があるかも!?③

顎の骨の壊死を引き起こすかも!? ”ビスフォスフォネート製剤”   骨 …

no image
その薬、歯科治療に影響があるかも!?⑤

歯肉の増殖を招く!? ”カルシウム拮抗薬”   血管の壁の収縮を抑えて …

no image
フッ素ってなぁに?④

~フッ素の入った歯磨き粉でセルフケアを!~ 歯磨き粉に含まれる成分や濃度の違い、 …

no image
フッ素ってなぁに?⑦

~さいごに~ フッ素への誤解はいまだに根強く残っています。 フッ素に限らず何事も …

no image
輝き続ける白い歯に③

一般的なホワイトニング用(美白系)の歯磨き粉では ほとんどが歯と同じかそれより硬 …

舌ブラシ、舌磨き③

前回まで、舌苔、舌の上に付いている汚れ、について説明しました。 今回は、舌磨きの …

歯周病について

歯周病は、生活習慣と大きく関係しているので、生活習慣病の1つとして考えられていま …