しんデンタルクリニックのブログ

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニック。浅間町駅より徒歩1分、土曜日も診療。ブログでは、お知らせ、スタッフコラム、ワンポイントアドバイスなどを配信中。

*

酸っぱいものを食べた後は。

      2022/05/10

健康のために、黒酢やグレープフルーツなどを摂る人が増えています。

酸性度の高い飲み物や食べ物を摂ってからすぐの歯磨きは、実は歯を痛めてしまう危険があります。

酸っぱいものを飲食した後は、歯の表面が酸で一時的に柔らかくなります。

(また、これが習慣的に続くと、酸蝕症[さんしょくしょう]の原因になります。)

この状態で歯磨きを繰り返すと、歯が歯ブラシで傷つき、知覚過敏になったり、歯の内の材質である象牙質が露出してしまいます。

歯へのダメージを避けるには、酸性度の高いものを摂ったあとは、30分ほど置いて、唾液が酸を中和するのを待ってから磨きましょう。

他の食べ物(パンやチーズ)を一緒に食べることによって、強い酸性にしないようにする方法もあります。

酸性度の高い飲食物を摂っていないのであれば、食べてからすぐに歯を磨いても問題はありません。

 - お口の健康を守ろう , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

赤ちゃんをお迎えしたら②

赤ちゃんを授かってから、お口の中で気になるところがあったり、痛みが出てきてしまっ …

no image
入れ歯がはいったら③

★入れ歯に歯磨き粉がダメってホント!?★ 天然歯用の歯磨き粉で入れ歯を磨くと、歯 …

no image
むし歯の治療③

今回は前回に引き続き今回も虫歯についてのお話です!   ②むし歯の初期 …

ハブラシの選び方,磨き方8

今までハブラシの種類は2種類あるとお話ししてきました。 実際には他の毛先の種類も …

ハブラシの選び方,磨き方5

テーパー加工の歯ブラシで磨くときに気をつけていただきたいのが、毛先を歯周ポケット …

歯間ブラシの使い方2

今日は歯間ブラシを使うにあたってのワンポイントをお伝えします。 歯の根本周りはカ …

no image
フッ素について③

今回は、フッ素のもう一つの効果『お口の中全体に働きかける』効果についてお話してい …

お口の健康と認知症の関係1

この10年ほどの間に、「歯やお口の健康状態が悪いと、認知症になりやすい可能性があ …

no image
フッ素ってなぁに?③

~歯科医院でのフッ素塗布で生えたての歯を守る~ フッ素の歯への塗布は、生えたての …

no image
0歳からの歯と口の育ち②

☆かみ合わせと姿勢☆ 安定した体感を作り、歪みがない姿勢や正しいあごの位置を保つ …