しんデンタルクリニックのブログ

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニック。浅間町駅より徒歩1分、土曜日も診療。ブログでは、お知らせ、スタッフコラム、ワンポイントアドバイスなどを配信中。

*

赤ちゃんが生まれたら②

      2021/10/15

赤ちゃんのお口の中に関しては、生後6ヶ月頃までは特に心配は入りません。

まず初めに生えてくる歯は、一般的には、6ヶ月頃、下の前歯からなので、もし生えてきたら、ムシ歯を予防するために対策をしなければなりません。

まずは歯ブラシは使わず、ガーゼや、指につけるシリコンの歯ブラシなどで、汚れを落として清潔にする必要があります。

その頃からハブラシなどを渡して、お口の中に異物が入る事に慣れさせておくと良いでしょう。喉の奥に詰まらせたり、持たせていても危なくないような形の歯ブラシを選んでください。

次回は1歳からの歯のお話をします。

 - 子どもたちの健康を守ろう , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
おやつの食べ方⓵

「いただきます」の前にお読みください 食べ方をひとつ気をつければ、すてきなおやつ …

乳歯のムシ歯について①

乳歯がムシ歯になっても、じきに抜け変わるからそのままにしておいても大丈夫だ、とは …

赤ちゃんが生まれたら⑤

赤ちゃんがうまれたら、気をつけなければいけないところは、赤ちゃんのお口の中だけで …

お熱の時の歯みがき①

お子さんの歯の健康にとって、仕上げみがきはとても大切です。 ただ、体調が悪く、熱 …

赤ちゃんが生まれたら④

お子様がムシ歯にならないためにはどのような対策をすれば良いのか、予防はどのように …

お子さまのおやつについて3

また甘いもの、おかにしついても、長時間お口に入っているものはムシ歯のリスクが、増 …

no image
フッ素ってなぁに?②

~フッ素のはたらきとは~ フッ素には ①エナメル質(歯の最表層にある生体で最も硬 …

赤ちゃんが生まれたら③

1歳になったら、歯医者さんで見てもらいましょう。 日頃のケアについてや、お口の中 …

no image
おやつの食べ方⓸

★食べる姿勢も大事です 椅子に座って食べるときに、しっかり床に足がついていますか …

お熱の時の歯みがき②

また、体調が優れず、歯ブラシを使うのが難しい時は、前歯だけでもガーゼで拭ったりす …