しんデンタルクリニックのブログ

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニック。浅間町駅より徒歩1分、土曜日も診療。ブログでは、お知らせ、スタッフコラム、ワンポイントアドバイスなどを配信中。

*

お子さまの歯医者デビュー3

      2022/07/08

もし上にお兄ちゃんお姉ちゃんがいる場合、下のお子さんはおやつデビューが早いかもしれません。

ムシ歯菌が棲みつくのが早かったりすると、きょうだい同じ磨き方でもムシ歯になりやすい可能性があります。

ハミガキのやり方や、フッ素入りのハミガキ粉の使い方、間食などの食事のお話や定期的な歯医者さんでのフッ素塗布など、歯科のプロの手を借りると、ムシ歯の予防がとても楽になりますよ。

定期検診は赤ちゃんの頃から始めていくと良いでしょう。歯が生え始めるのは8ヶ月頃から。どうすればいいのかアドバイスを貰ったり、少しずつ慣れていきましょうね。

 - 子どもたちの健康を守ろう , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
0歳からの歯と口の育ち③

☆お口の育ちと離乳食の進め方☆ 月齢はあくまでも目安です。 お子さんのお口の育ち …

no image
0歳からの歯と口の育ち①

赤ちゃんのお口の育ち、特に”食べる機能”は自然にできるようになるものではなく、学 …

no image
0歳からの歯と口の育ち⑨

☆お口の育ちを促す遊び☆   ・おもちゃのラッパを吹く ・あっかんべー …

お熱の時の歯みがき①

お子さんの歯の健康にとって、仕上げみがきはとても大切です。 ただ、体調が悪く、熱 …

赤ちゃんが生まれたら⑤

赤ちゃんがうまれたら、気をつけなければいけないところは、赤ちゃんのお口の中だけで …

no image
歯ブラシだけでは落とせない汚れ②

デンタルフロスには”指巻きタイプ”と”ハンドルタイプ”があります☆   …

乳歯のムシ歯について①

乳歯がムシ歯になっても、じきに抜け変わるからそのままにしておいても大丈夫だ、とは …

お子さまのおやつについて2

前回はムシ歯になりやすいお口の環境について少しお話ししました。 それでは、どうす …

no image
歯ブラシで、歯周病ケア②

1本の歯ブラシで、歯の表面全体の汚れである”プラーク”を落とすことはできます! …

お子さまの歯医者デビュー1

フッ素を塗るにしろ、虫歯の治療にしろ、歯医者さんでお子さんが泣いて嫌がったり抵抗 …