しんデンタルクリニックのブログ

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニック。浅間町駅より徒歩1分、土曜日も診療。ブログでは、お知らせ、スタッフコラム、ワンポイントアドバイスなどを配信中。

*

ハミガキ剤の選び方

      2021/04/27

以前に、歯ブラシの選び方についてお話ししました。今回はハミガキ粉、ハミガキ剤の選び方についてお話ししていきます。

皆さんは、ハミガキ剤はどのようにして選んでいますか?お値段?パッケージの見た目?それとも味でしょうか?

ハミガキ剤には、さまざまな形があることを知っていますか?ハミガキ粉と呼ばれるように、本当に粉のものもあれば、液体でゆすぐタイプのものもあります。

一般的に私たちが使っているチューブの形のハミガキ剤は、練り、ペーストと呼ばれる形態です。

また、ハミガキ剤にも色々な作用があり、殺菌作用や、歯周病の予防知覚過敏の予防歯を白くする効果のあるものや、入っているフッ素の量にもそれぞれ違いがあります。

私たちがクリーニングで患者さんに使っているハミガキ剤は、液状、ジェルタイプのもので、これには発泡剤と研磨剤が入っていないので、泡立ちが無く、歯ぐきを傷付けたりしません。

また、歯間ブラシを使う時の潤滑剤としても使えたり、研磨剤が入っていないので摩擦が起きず、電動歯ブラシを使う時にも使えます。

虫歯の予防には、フッ素が入っているものを使うことが大切です。しんデンタルクリニックで使っているハミガキ剤は、しっかりとフッ素が入っているもので、もしお子さんやお孫さんへのハミガキ剤でご相談があれば伺います。

次回は、液体でゆすぐタイプのハミガキ剤について詳しくお話ししたいと思います。

 - お口の健康を守ろう

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

オーラルフレイル③

オーラルフレイルの予防のためのポイントについてお話しします。 かかりつけの歯医者 …

no image
フッ素ってなぁに?③

~歯科医院でのフッ素塗布で生えたての歯を守る~ フッ素の歯への塗布は、生えたての …

no image
フッ素ってなぁに?①

お子さんのお口のお掃除の際に3か月に1回、必ず当院はフッ素を塗っています。 小児 …

no image
”歯間ブラシ”が必要な理由④

☆こんなときでもびっくりしないで☆   ・歯間ブラシをして出血があった …

no image
ホワイトニング②

前回から引き続き今回もホワイトニングについてのお話です☆   オフィス …

オーラルフレイル②

前回、フレイルとは何かについてお話ししました。 ではオーラルフレイルとは何でしょ …

no image
定期的なクリーニングについて⑤

今回も、定期的なクリーニングをおすすめしている理由をお話していきます! 前回まで …

デンタルガムについて①

ご飯を食べた後のお口の中は酸性になり、歯からはカルシウムが溶け出します。 だ液は …

被せ物のはなし1

みなさんは、ムシ歯の治療で被せ物をセットしたら、もうそこで終わり!しばらく歯医者 …

被せ物のはなし4

被せ物の下、歯ぐきの中で広がっているムシ歯を幸い発見できたタイミングも、他の治療 …